検査・検査機器のご案内

MRI(磁気共鳴画像)装置

MRI

レントゲンやCTは放射線を使うのに対して、M RIは磁気を使って、軟部組織や脊髄などを調べるためにおこないます。骨に関してはレントゲン、C Tのほうがよくわかりますが、MRIでは骨以外の じん帯、筋肉、出血、軟骨、脊髄などが詳しくわかります。放射線による被ばくがない、造影剤を使用せず血管の画像が得られるという利点がある反面、体内に金属がある場合検査できないことがある、撮影時間が長い、騒音がある、閉塞感があるなどの短所があげられます。大和田整形外科には大学病院クラスにしかない1.5Tの最新MRIが導入されており、血管撮影も造影剤注射なしに痛みなく行うことが可能です。また、放射線科専門医による第三者読影診断も取り入れております。
所要時間:約 20~30 分 (撮影部位により所要時間が変わります)

マルチスライスCT装置

CTレントゲンやCTは放射線を使うのに対して、M RIは磁気を使って、軟部組織や脊髄などを調べるためにおこないます。骨に関してはレントゲン、C Tのほうがよくわかりますが、MRIでは骨以外の じん帯、筋肉、出血、軟骨、脊髄などが詳しくわかります。放射線による被ばくがない、造影剤を使用せず血管の画像が得られるという利点がある反面、体内に金属がある場合検査できないことがある、撮影時間 が長い、騒音がある、閉塞感があるなどの短所があげられます。大和田整形外科には大学病院クラスにしかない1.5Tの最新MRIが導入されており、血管撮影も造影剤注射なしに痛みなく行うことが可能です。また、放射線科専門医による第三者読影診断も取り入れております。
所要時間:約 20~30 分 (撮影部位により所要時間が変わります)

トモシンセシス

トモシンセシス

当院のレントゲン設備を一新し、新たにトモシンセシスを導入いたしました。トモシンセシスとは1回の撮影で数十枚の連続断層画像によるボリュームデータが得られる画像技術です。立位や逆傾斜位など関心部位に重力負荷をかけた状態で観察できるため、検査の応用範囲が広がります。検査は数秒間の低線量撮影1回で完了し、収集した画像より何度でも再構成できますので、余分な被ばくを抑えることができます。

骨塩定量検査

骨塩定量検査

骨の密度を測る検査です。骨粗鬆症の診断に用い ます。当法人で行っている骨密度の測定(骨塩量測 定)はDEXA法です。 DEXA法による骨密度評価は、腰椎における評価が骨折リスクの検出と再現 性の観点から総合的に評価して高く、 「骨粗鬆症の予 防と治療のガイドライン 2015 年度版」において腰椎 /大腿骨の 2 部位評価が推奨されていることから、 当法人ではDEXA法による腰椎/大腿骨の 2 部位にて評価しています。

Inbody

Inbody

InBody測定は、体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、 栄養状態に問題がないか、体がむくんでいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。

デジタルエコー装置

当院ではカラードップラーのデジタルエコーを導入しております。超音波を用いるため、体に悪影響なく体内観察することが可能であり、 関節、頚部、心臓、腹部など幅広く用いられています。

血圧脈波検査装置

当院では、血管の硬さと狭窄を痛み無く短時間で測定する装置を導入しております。 これにより動脈硬化の程度を総合的に診断することが可能になります。 わが国の死因の3割は動脈硬化が原因です。定期的な検査をおすすめいたします。